*

1周回って知らない話【堀越高校卒業生SP・みんなのしらない芸能人の高校生活とは!】

2018627日放送の1周回って知らない話ではこれまで780名以上のスター芸能人を輩出した芸能界の登竜門でもある堀越高等学校の【堀越高校卒業生スペシャル】として謎に包まれたその学園生活や堀越高校で伝説になっている数々の事件に迫った!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

読書マニアが作った本屋「シークレットブック」がおもしろすぎる

https://secretbook.base.shop/

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

まずはスーパーアイドルMのスリッパ500足紛失事件。1986年春のこと、人気アイドルMが下駄箱を開けると何故かMのスリッパがなくなっていた。堀越高校の生徒は構内ではスリッパを着用、そのスリッパは購買部で500円で販売されているのだが、その時は「誰かのいたずらかな?」と思い特に気にせずに新しいスリッパを購入した。ところがそれ以降毎朝投稿するたびにスリッパがなくなり、購買で購入するという日々が続き、結局このMが3年間になくなったスリッパは500足にまでのぼったという。ところがある日を境にこの状況は変わる。ある朝、いつものように下駄箱を開け、またスリッパがなくなっていることに気づいたMであるが、そこにはスリッパの代わりに500円玉が。Mの話によるとMのスリッパのとっていたのは学校内にいるファン達だったとか。毎日スリッパを購買で購入しているMの姿を見て申し訳なく思ったのか、新しいスリッパ代として500円を置くようになったという。そのスーパーアイドルMとは、渡辺美奈代。女性アイドルグループ【おニャン子クラブ】のメンバーとして堀越入学前から絶大な人気を誇っていた彼女ならではの話であるが、渡辺自身はスリッパがなくなるのが100足を超えたあたりから「毎日新しいのが履ける!ラッキー!」と逆に楽しんでいたというからやはりそこはスーパースターの貫禄とでも言うべきであろうか。

放送では渡辺美奈代(48)、佐藤仁美(38)豊田エリー(29)河北麻友子(26)の4名の堀越高校卒業生が出演して視聴者から寄せられた堀越高校の謎に迫った。

まずは【なんで堀越高校に入ったのか?】という疑問に対し、【事務所との相談で入ることになった】と渡辺が答え、他の3人も同じだと答えた。河北は16歳までニューヨークで育った帰国子女のため、何もわからないまま「堀越に行け!」と言われ「YES!」と答えたという。基本的に堀越高校のトレイトコース(芸能活動コース)は事務所に所属していないと入れないし、入るためには事務所を含めた面接と筆記テストが必要だという。面接では芸能界の仕事をどれくらい一生懸命やるか、また事務所に対しても、どのくらいその子の学校生活のために学校とコミュニケーションが取れるかなどが聞かれるという。堀越高校の1学年の生徒は約400人、そのうちトレイトコース(芸能活動コース)の生徒はそのうちの4%ほどだという。他にも進学・進路選択コースの生徒が68%、勉強に特化した育英コースが8%、スポーツに特化した体育コースが20%ほどだという。芸能コースに通う芸能人は授業は一般の教室で受け、ホームルームだけは芸能コースに集まるのだとう。

1970年代から始まった芸能コースは現在までに780名以上の卒業生を輩出しているが、番組に登場したその一覧表を見てみると「ほとんど男の子はいなかった」と渡辺が語るように初期の頃は女性の名前ばかりがズラリ。佐藤が卒業した1998年組の卒業生には堂本剛、ともさかりえ、水樹奈々、山口紗弥加など金田一少年の事件簿の他、ドラマで活躍した面々が並ぶ。「学校であのドラマ見たよ~とか話しするの?」と聞かれた佐藤は「全くしないです」と即答。嫉妬されていると思われたくなかったという。当時「僕らの時代」をたまたま見ていた佐藤はともさかりえ、水樹奈々、山口紗弥加の3人が出ているのを見て「あぁ~、私じゃなかったんだ~」と思って即チャンネルを変えてしまったという。「スケジュールの都合もあるしね!」と救いの手を東野幸治が入れるも会場は大爆笑。「クラスは皆仲良かったんですか?」という東野に振られた豊田は「、、、うん、、、笑」と微妙な反応。豊田は一つ上の学年に長澤まさみがいてスタイルから顔に至るまですべてが次元が違ったし、いつもニコニコしていてとても印象的だったため、今でも大好きだと語る。河北は忽那汐里、成海璃子らと同じ年の卒業であるが、みんな今でも仲良しだという。ニューヨーク育ちの河北はオーストラリア育ちの忽那といつも英語で会話をしており、忽那がいなければもう死んでた!と語っていた。

堀越高校が創立されたのは1923年。もともとは服飾の学校であったが、1959年に普通科を創設する。そんな堀越高校に転機が訪れたのは東京五輪が開催された1964年。当時在籍していたある生徒が関わっている。それは紅白にも2度出場した歌手の田辺靖雄。高校生ながらヒット曲を連発し、仕事は多忙を極めたという。学業との両立に不安を覚えた田辺に対し、当時の堀越の第3代の堀越克明校長が仕事に学校に来られない田辺に対し休日に自ら補修を行い個人的にバックアップ、卒業するまでサポートし続けたという。そんな校長の噂を聞きつけたアイドルグループ【フォーリーブス】の青山孝史、おりも政夫、江木俊夫が立て続けに堀越に入学。これを期に創立50周年の1973年、ついに芸能活動コースが創設された。その一期生となったのは当時トップアイドルとして活躍していた郷ひろみ、野口五郎、坂口良子という超有名な3人。この3人が第一号の卒業生となったことを受け、芸能活動コースに入学希望の芸能人が殺到した。

1980年代の堀越高校では芸能活動コースに通う生徒は文化祭でコンサートを行うことが恒例だったが、松本伊代がステージに立った年には会場にファンが大量に押し寄せ、大パニック。これ以降文化祭でのコンサートは中止されたという。また卒業生でもある早見優に話を聞くと、修学旅行に1週間のうち3日間だけ参加することができたのだが、滞在先のホテルにもマネージャーが同行し、雑誌の撮影という仕事がブッキングされていたという。ワイドショーでも80年代頃から堀越の卒業式が放送されるようになったという。

1990年代に突入するとそれまで女性アイドル中心であった芸能コースに変化が訪れ、男性アイドルが多数入学してくるようになる。元光GENJIの佐藤アツヒロは恋愛はどうでした?とレポーターに聞かれると「いっぱい!女の芸能コースの人もかわいい子がいっぱいだしね。まぁ校則違反なんですけど。。。」とうっかり口を滑らせていた。98年頃には卒業式には堂本剛やともさかりえの卒業を一目見ようと多くの人がかけつけるようにまでなる。

堀越高校の校則には【男女交際禁止】【ピアス禁止(空いている穴はふさぐ)】【茶髪禁止】【学校周辺のコンビニ立ち寄り禁止(指定通学道路以外の通行を禁止)】という決まりが現在でもあるという。仕事の関係で髪を染める際にはいつからいつまでの期間染めますという申請書を提出しなければならないという。月イチで女子のみ身だしなみチェックがあり、河北の時代には下着の色まで指定があり、確認をされたというから驚きだ。ちなみにこうしたルールは芸能コースのみならず他のコースに通う生徒にも適用されるという。河北は漢字が苦手だったこともあり追試・再追試・再々追試までいったこともあるというほど勉強には苦労したそうだ。

堀越高校の厳しい校則の一つ、恋愛禁止の裏で1年以上隠れて交際をしていたカップルもいた。それは今回登場の豊田エリーと柳楽優弥。当時、雑誌・CMで活躍していた豊田は仕事が忙しくなり2年生の時に堀越に編入。一方柳楽は14歳にしてカンヌ国際映画祭で最優秀主演男優賞を受賞し鳴り物入りで2005年に堀越に入学した。豊田が学校の帰り道に公園で友達と談笑中、そこを通りかかった柳楽優弥が豊田に一目ぼれ、その場で連絡先を交換してほしいと声をかけてきた。豊田16歳、柳楽15歳の時であった。年下だけど誠実で優しい柳楽に徐々に想いを寄せるようになった豊田はすぐに交際に発展するも、交際がばれれば謹慎処分が待っており、当然別れなければならないため、いくつかの約束事を決めたという。例えば構内ですれ違った際には絶対に話かけずにアイコンタクトのみ、学校の行き帰りでは他の生徒がいそうな場所では別々に歩く、伝えたいことがあると手紙で連絡するが「この手紙を読んだら絶対に捨ててください」と学校では物的証拠を残さない、彼のためにお弁当を作った際にはすれ違いざまにお弁当をこっそり手渡ししすごくドキドキしたという。禁じられた恋だったからこそ燃え上がった2人、豊田が高校を卒業した際には17歳だった柳楽が結婚してほしいとプロポーズをしてきたというが「まだ17歳だから結婚できないよ!」と伝えるとそのことを知らなかった様子の柳楽は驚いていたという。2人は高校時代には交際はばれることなく、卒業後2年がたって2人は婚約発表、4年の交際を経て2010年に結婚した。念願だった一人娘も誕生し、幸せな家庭を築いているという。

尾上松也が堀越高校2年に在籍中は3学年全てが仲がよくお弁当も一緒に食べていたし、学校を離れたプライベートな時間でもみんなで集まって遊んでいた。そんなスター盛りだくさんな芸能人ばかりがどこで集まっていたのかときくと中村勘三郎さんの自宅稽古場の一角を貸してもらって集まっていたという。この神聖なけいこ場で何をしていたのかと聞くとTVゲーム「みんなのGOLF」というからそこはスターであっても高校生らしい遊びをしていたようだ。今でこそ歌舞伎界のプリンスともいわれる尾上だが、高校生当時はよく悪ふざけをし、先生を怒らせていたそうだ。そしてある日も廊下で正座をさせられて怒られていた際に成田優や生田斗真らにそそのかされて怒っている先生本人の物まねをしたところ、先生の逆鱗に触れてしまい、半日以上廊下にたたされた過去があるという。

佐藤仁美は当時清純派女優として売り出されていたが山崎裕太は「清純派からは程遠い!許せない!」と語る。当時、堂本剛やともさかりえ目当てで入学してくる生徒が多く、校内でも「堂本剛と目があった!」などと騒ぐ生徒が多かったため、そうした不純な動機で入学してくる生徒が許せなかったのだという。しかし、正義感あふれる佐藤はいじめの現場なども許せないらしく、時にはいじめられている見知らぬ生徒を全力で守ったりするなど、世直し番長的な役割を果たし、徐々に校内で佐藤に口答えする生徒はいなくなったという。そんな佐藤には隠れファンが多かったらしく佐藤仁美の写真集を影で購入していたという。 

芸能人が多く通う堀越高校ならではのエピソードが盛りだくさんの楽しい放送であった。

Sponsored Link


関連記事

櫻井・有吉THE夜会【誤解されやすい女・紗栄子の意外な子育て】

2018年8月23日放送の櫻井・有吉THE夜会では誤解されやすい女・紗栄子の意外な子育てに迫り、何か

記事を読む

ZIP【今、顔が見てみたいSNSで話題のクリエイター2人‼】

2019年2月19日放送のZIP BOOMERS(ブーマーズ)では今顔が見てみたいとSNSで話題の2

記事を読む

今夜くらべてみました【超ド級お嬢様!ペニンシュラホテル令嬢、コルファー・羽鳥・ジュリアとは?】

2018年10月24日放送の今夜くらべてみましたではペニンシュラホテル役員のご令嬢など、超ド級お嬢様

記事を読む

ソノサキ【山田孝之・菅田将暉の気になる疑問SP・ケバブについての謎に迫る】

2018年7月24日放送のソノサキでは山田孝之・菅田将暉が登場、今、気になっていることとして【僕たち

記事を読む

1分間の深イイ話【DA PUMP・ISSA突然売れっ子になった人は本当に幸せなのか】

2018年7月30日放送の人生が変わる1分間の深イイ話では突然売れっ子になった人は本当に幸せなのかを

記事を読む

今夜くらべてみました【トリオTHEおっさん女子VSオトメ女子!ジェジュンの大豪邸初公開!】

2018年7月11日放送の今夜くらべてみましたでは【トリオTHEおっさん女子VSオトメ女子】と題し、

記事を読む

有吉ジャポン【テレビに出てなくても大儲けしている芸能人の謎】

  2018年8月4日放送の有吉ジャポンではテレビに出てなくても大儲けしている芸能人の謎を特集

記事を読む

有田哲平の夢なら醒めないで【元AKBが見た!天国と地獄SP】

2018年6月27日放送の【有田哲平の夢なら醒めないで】では元AKB48のメンバー達が見た天国と地獄

記事を読む

ZIP【バブリーダンスの登美丘高校が今度は色男風ダンスで全国連覇!】

2018年8月15日放送のZIP SHOWBIZ24ではDANCE CLUB CHAMPIONSHI

記事を読む

アウト×デラックス【4人育児の深酒ママ‼土屋アンナの仰天生活とそれを上回る山里の親子関係】

2019年4月4日放送のアウト×デラックスには土屋アンナが登場、3度の結婚の末、4人の子供を育てる肝

記事を読む

Sponsored Link


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Sponsored Link


スッキリ【話題沸騰‼豪華すぎる雑誌付録で売り上げ激増の雑誌・幼稚園!】

スッキリ【話題沸騰‼豪華すぎる雑誌付録で売り上げ激増の雑

アウト×デラックス【4人育児の深酒ママ‼土屋アンナの仰天生活とそれを上回る山里の親子関係】

2019年4月4日放送のアウト×デラックスには土屋アンナが登場、3度の

スッキリ【本日オープン‼最大の売り場面積!無印・銀座、特徴は食‼】

2019年4月4日放送のスッキリでは本日オープンの売り場面積が最大の無

ZIP【流行ニュース・キテルネ‼東京進出!話題のパン屋】

2019年4月3日放送のZIPの新コーナーの流行ニュース【キテルネ】で

ZIP【まだ間に合う花見名所‼一風変わったお花見誕生!】

2019年4月3日放送のZIPでは一風変わったお花見を紹介、満開を迎え

→もっと見る

PAGE TOP ↑