*

人生が変わる1分間の深イイ話【是枝裕和監督大絶賛!ミスチルもユーミンも手掛ける森本千絵とは】

公開日: : 最終更新日:2018/08/08 未分類

2018618 日放送の人生が変わる1分間の深イイ話では、映画「万引き家族」でパルムドール受賞を果たした是枝裕和監督が大絶賛するアートディレクター、森本千絵(42歳)さんが特集された。ミスチルやユーミンのCDジャケットなども手掛ける森本さんについて是枝監督は「個性的なアートワークで、色々なジャンルを手掛けているのにも関わらずその全てに彼女らしさを残していくというのは特に広告の分野だと難しいのにそれをいつも成し遂げていく」と話す。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

読書マニアが作った本屋「シークレットブック」がおもしろすぎる

https://secretbook.base.shop/

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

森本さんが一躍有名になったのはMr. ChildrenCDジャケット。カラフルなお菓子が宙を舞う中でカップルが抱き合いキスをする写真、一見すると合成写真のように見えるのであるが、実はこれ、CGは一切使っていないという。CGでは出せない絶妙な遠近感にこだわり、1こ1こテグスで天井からお菓子をつるし、写真に収めたというから驚きである。また、松任谷由実のCDジャケットでは文字の中に小さなユーミンが潜んでいるのであるが、こちらも合成は一切使わず、巨大な文字(フォント)を用意し、ユーミン自身に色々とポーズをとってもらって撮影したという。大森さんは細部に至るまでこだわるアートディレクターなのだ。

 自宅を伺うと、郊外に建てたロハスハウス風であるが、実は都内一等地にある自宅だという。こちらで9歳年下で映画【松竹】のグループ会社に勤務し山田洋次監督の作品を主に担当するという夫・森本俊介さんと娘と一緒に暮らしている。夫婦は休日には自宅内の囲炉裏でバーベキューをしてご飯をいただくそう。2人の出会いは映画「男はつらいよ」がきっかけ。寅さんの大ファンであった森本千絵さんは30代の時、寅さんの服装から仕草、構図にいたるまで映画そっくりの写真を4時間かけて400枚以上とっていたという。そしてその写真をネットにアップしていたところ、俊介さんがそれを発見し、山田洋次監督に「こんな人いますよ」と見せたところ「ちょっと行ってみるか!」と山田監督、対面を果たしたという。するとその場にいた俊介さんも千絵さんと意気投合、付き合い初めてわずか3カ月でスピード結婚をしたという。翌年には長女も誕生した。俊介さん曰く、千絵さんは仕事に関わらず全てにおいて120%の力を注ぎこむため、結婚式においても自身の企画書を50ページ以上にわたって作成、なかなか面倒くさいのだという。結婚式における装飾も全て「手作り」にこだわり、スタッフ総出で手作りして、演出においても友人のミュージシャンに声をかけ、この日のためだけに総勢24名の音楽隊を結成したという。衣装も勿論、森本さんがデザイン、前日にはフォーメーションにいたるまで森本さんが徹底指導したという。そして新郎を苦しめたのがプロフィール紹介。普通は事前にスライドショーを作って流すだけであるが、森本夫妻の場合には千絵さんがナレーションを読む横で旦那様が写真を引っ込めたり入れたりとあくまでも生演出にこだわったという。結婚から何年もたった今でも夫俊介さんは「結婚式の疲れがまだとれない。トラウマだ」というそうだ。そんな森本さんを育てた父・精人さんはどこにでもいそうな普通のおじ様であるが、実は芸能プロダクションの社長。もともと沢田研二、ザ・ピーナッツなどのマネジャーを務め、数々の栄光に導いた敏腕マネジャーであったという。そんなサラリーマン家庭とはことなる環境で育った森本さんは思い立ったらすぐに行動に移す性格らしく、CDジャケットだけではなく幼稚園・保育園のデザインから現在では霊園のデザインに至るまで幅広い仕事をこなしている。森本さんは大手広告代理店の博報堂でキャリアをスタートさせたのであるが、入社試験で「これまでに制作した作品をお持ちください」と言われると作品が運べない量になったため2トントラックで代理店に行ったという。さらには「作品については語りません」「説明しないとわからないものは作っていませんから」などと言ってのけたという。どんな仕事においても自分の色を出していける森本さんは依頼された以上のアイデアを出すのだという。以前歯科医院から内装の依頼を受けた時には実際に作る人たちと世界観を共有するために頼まれてもいないのにキャラクター・物語・歌に至るまでそろえた絵本を作成した。「私が(実物を)作ることができないから、そういう時はこの空間をこういう世界にしたいという物語であれば一緒に見ることができるので」と森本さんは語る。山田洋次監督は自身が演出する部隊「マリウス」のポスターを森本さんに依頼したのだが「色々なものをどんどん取り入れ、無限の可能性を持った彼女には助けてもらっていますよ」と話す。そんな森本さんは「花火であったり、クリスマスであったり、何年後かにみんなにとって当たり前になっているワクワクするものを自分で作りたい」という夢を持っているという。

 一流のアートディレクターは今の自分の現状に満足することなく、常に飽くなき探求心をもって前へと進んでいることがわかるVTRであった。

Sponsored Link


関連記事

ZIP【スイカスイーツ続々登場!ソフト!かき氷!タピオカ】

2018年8月2日報道のZIP BOOMERS(ブーマーズ)では、ほのかな甘みを活かしたスイカスイー

記事を読む

おしゃれイズム【大人気DA PUMP登場!メンバーの意外過ぎる趣味特技を公開!】

2019年3月3日放送のおしゃれイズムでは再ブレイクを果たし、日本列島を席巻しているDA PUMPが

記事を読む

運命のひと押し【明るいデーブ・スペクターの豪邸で伺う裏の顔!】

2018年6月14日放送の運命のひと押しではデーブ・スペクターが登場、都内一等地の高級マンションの最

記事を読む

2018年6月17に那須川天心と戦うキャリア史上最強の敵ロッタン・ジットムアンノンとは

2018年2月12日に那須川天心(19)が現プロムエタイ協会スーパーバンタム級王者であるスアキム・シ

記事を読む

ZIP・BOOMERS特集【まるで肉!ダイエットの強い味方!ヘルシーで大人気のフェイクミート】

2018年7月4日放送のZIP・BOOMERS(ブーマーズ)ではパッと見、食べたところお肉なのに実は

記事を読む

「1日に30品目食べるのが良い」というのは誤りだった

昔は1日に30品目食べるのが良いとされてきたが、実は食品の数は関係ない。 そもそも「1日30品目]

記事を読む

世界が注目の東京オリンピック開会式の演出を手掛ける狂言師の野村萬斎氏とは?

いよいよ1年半後と迫ってきた東京五輪、高額チケット第1位の開会式は全世界から大注目される開会式である

記事を読む

梅沢富美男のズバッと聞きます!SP【製作費5000万円!桂由美のパリコレ裏側に密着】

2018年8月8日放送の梅沢富美男のズバッと聞きますスペシャルでは製作費5000万円をかけるという桂

記事を読む

ZIP特集【今日から開催の夏ディズニー!新エンターテインメント続々!】

2018年7月10日放送のZIPでは本日から開催されたディズニーランドとディズニーシーの夏の新エンタ

記事を読む

安達祐美が語る 夫・桑島智輝とのなれそめと結婚生活

2歳でデビュー今年で芸歴34年の安達祐美さん。 ダウンタウンンなうで2014年に再婚した夫・桑島智

記事を読む

Sponsored Link


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Sponsored Link


【76】100均のハロウィンチュールを使ったおしゃれなメタリックハンドメイドマスク(Witch mask)

ハロウィンがもう目前に迫ってきているので近頃はハロウィン仕様のマスクを

【75】飛び出すコウモリのハンドメイドマスク!(HANDMADE POP-UP BAT MASK)

今回の手作りマスクはハロウィンにピッタリ!な立体的なコウモリのハンドメ

【74】トラ?タイガーのなりきりハンドメイドマスク(HANDMADE TIGER MASK)

再びなりきりハンドメイドマスクに戻ってきました。最近なかなかネタが思い

【73】チャイナドレスのようなゴージャス刺繍のハンドメイドマスク(CHINESE DRESS MASK)

手芸屋さんでかわいい生地を探していたところ、私のツボにはまるオシャレな

【72】ラプンツェルのなりきりハンドメイドマスク(HANDMADE RAPUNZEL MASK)

今回のなりきりハンドメイドマスクはラプンツェルです。以前ハロウィンでラ

→もっと見る

PAGE TOP ↑