*

ソノサキ【第10弾‼カリスマホスト・ローランド独立への道…新店舗計画が遂に始動‼】

公開日: : 最終更新日:2019/03/27 ◆ら行の有名人, 【ソノサキ】

2019226日放送のソノサキではカリスマホスト・ローランド独立への道を密着、毎日を忙しく過ごすローランドや、新店舗のオープンに向けてのホスト選抜から裏で巻き起こっていおる様々なトラブルなど、今回もまた新たな動きを追った。

番組では新宿歌舞伎町にあるホストクラブPLATINA(プラチナ)本店をこれまでも取り上げてきたが、ここでナンバーワンに君臨しているのがもうお馴染みROLAND(ローランド)。お店を歩けば「かっこいい~!」と女性からは黄色い歓声が上がり、接客をすれば「いい匂いする~♪」と言われ「当たり前だよ、ローランドなんだから」と強気に返答する。「大は小を兼ねるって言うけどローランド見たら歌舞伎町のホスト全員見たに匹敵する」とローランド節は止まらない。「よく手を上げる男とかいるけど、俺あげるの売り上げだけだから」とどこまでも強気な発言。そんなローランドは今、日本中が注目しており、女性は勿論のこと、芸能界でもGACKTがローランドのことをカワイイ弟と言ったり、サッカー界の大スター・ルカ・モドリッチ選手やルイス・フィーゴ選手と交友があったりともはやローランド自身がホストという域を超えた存在となっている。

1月某日都内某所で開かれていたのはプラチナ本店を含めたホストクラブ14店舗合同の新年会。ここで2018年の売り上げランキングが発表される。姉妹店14店舗、総勢360名のホストの中での売り上げトップ10が表彰されるのだが、第1位に立ったのは我らのスター・ローランド!瀬名社長が引く人力車に乗って会場に登場したローランド。「結果で見せて結果で黙らせるのが男のあるべき姿」と皆の前でスピーチしていたローランドは去年の売り上げは一人で16000万弱という半端ない金額だ!そんなローランドは以前の放送でプラチナ本店と同じビルの6階で独立して新たな店を出すことを宣言していた。3月オープン予定だというが、今の様子はまだまだ殺風景だ。「これから超シンプルで上質なデザインが出来上がる」のだそう。工事が遅れている原因を聞いてみると「ソノサキのおかげでもあるんですけど各方面から仕事のオファーが来ている」というように、ここ最近様々な仕事のオファーが舞い込んでおり、新店舗開店に向けた準備が遅れているのだそう。先日も男性専用エステサロンをローランドがプロデュースしており、これに対して「ローランドとしてもっといい男を世の中にいっぱい作りだすのはローランドに生まれた使命でもあるし、いい男がいると元気になるって知ってるんで、ローランドが。ローランドがいるだけでめっちゃみんなが元気になる」とのこと。3月には自伝が発売されるが、予約殺到のため初版発行部数が8000部から25,000部へと3倍もの増刷になったりとその勢いはとどまることを知らない。そんなローランドの激動のここ1ヶ月を追った。

1月某日、北海道・札幌。雪が舞う中歩いていたのはローランド。「有名なやつ」とローランドが指さすのはすすきので有名な看板、観光名所みたいなところだという。「今、観光名所と観光名所のコラボ。俺移動式の観光名所なんで」と極寒の北海道でもローランド節は止まらず。雪は好きですか?というスタッフの問いに対し「雪見るとめっちゃテンションあがる。寒いとかはあんまり感じない。平熱常にローラン℃」とのこと。北海道名物カニしゃぶをいただくと、「カニって横向きでしか歩けない。ローランドの接客ってポジティブになれるとか前向きに考えられるとか言われること多いんで、多分カニ、俺が接客したら前向きに歩く」とのこと。ご飯で体を温め向かった先は大勢の美女が集まる会場。実はここ、キャバクラ嬢400人を抱える北海道のキャバクラグループの新年会。とそこに、大物のシークレットゲストとして招かれたのがローランドなのだ。会場からあふれるのは黄色い歓声。この日のトークテーマは接客のプロとしての心得。「接客はお中元じゃないので【私なんて】とか【つまらないものですが】って、つまらないものだったら渡さないでって思うんですよ。それと一緒でちょっと押し売りに近いかもしれないけれど、私、世界で一番いい女なんでというスタンスで来た方が魅力的に映ると思うので、安売りせず自分に自信をもって、私はこの世で一番いい女ですけど何か?というスタンスで仕事をしてほしいと思います。」と話すローランド。そんなローランドに司会者から「ローランド様は落ち込んだり下を向くことはあるんでしょうか?」と問われるも「下を向くのは出勤前に靴を履くときだけ」と話し、会場は大いに盛り上がった。「同じ仕事なのでお互いプロで手の内わかっているので、その上でやるっていうのは、、マジシャンがマジシャンに手品見せるの難しいじゃないですか?ま、その感覚で」というように、お互いプロとして接客しているから難しいにも関わらず、そのプロの女性でさえもメロメロにさせてしまうのがローランドなのだ。

そんな北海道での仕事を終え、ローランドが向かったのは、、、ドバイ!「ロールスロイスもいいけどラクダもいいですよ」と言いながらラクダに乗って登場するローランド。「でもエライですね、ラクダもね。普通ローランドが乗っかると喜ぶんですよ。ただ、ラクダはこうやって黙々と働いて。友達に自慢するかもしれないけどね、俺ローランド乗せたんだけどって」とのこと。ホストの時と同様にばっちりきまった格好で砂漠を歩くローランドに「歩きにくくないですか?」と聞くスタッフ。それに対し、「まぁこういう格好で砂漠は来るものじゃない。でも何あるかわからない。このまま遭難するかもしれないし。俺ねる時とかもジャケット着て寝たりするんですよ。死ぬときも格好よくいたいんで。人が見てないとこで格好つけられないやつが人がみてる時に格好つけられない。まぁ俺の場合格好が逆に俺の方についてくる。格好の方からつかしてくれって頼んでくる。」とのこと。そんなローランドが見たかったというのが世界一高いブルジュ・ハリファ(828M)。「世界一同士のコラボ」と言いながらエレベーター124階にある展望台へ。しかしローランドはさらにエレベーターを乗り換え148階(555M)、入場料11000円~のVIPの展望台へ。ウェルカムドリンクやクッキーなどをいただきながら景色を楽しむことができる。さらに屋外テラスに出ると「うわぁすごいなぁ」と思わずローランドも声にするほどの絶景。しかしその高さ故、風もものすごく強く、ローランドの髪が乱れる事態に。これに対し「上に行くと風当たりが強くなるってこういう事ですよね。上に行くと人からの風あたりも強くなるじゃないですか。」とのこと。「どうすればいいですか?大変じゃない?」とスタッフが尋ねると「大変だけど見上げる人生より見下ろす人生の方がいい。下いったら風ないと思うんですけど、まぁこれが上に行く代償だな。受け入れるしかないですね。上に立つ人って余裕がある人が多い。なぜかって上から見ると速い車もゆっくり見える。それと一緒で色々な物事がゆっかり俯瞰で見られるので余裕が出てくる」とのこと。ドバイの市場へもやってきたローランド。海外ではいつも市場で必ず買うというストールを購入しに来たのだ。すると店員さんと何やら真面目に話しこんでいる。4000円のストールを2000円に値切っていたのだ。年間1億をも稼ぎ出すローランドだが1円玉1つ落としても「お金は大事なんでちゃんと拾いますよ」と以前VTRで言っていたようにお金にはとてもシビアなのだ。「無駄なものにお金を払うのは1円でも嫌で。あげるのはいいんですけど、取られるのは嫌なんですよ」とお金に強いポリシーがあるのだ。早速店員さんにストールを頭に巻いてもらうも、サングラスをした目の部分だけが出て他は全て隠れる事態に陥り、「俺顔以外あんまりいいところないのでコレだと良さ伝わらないですよね」とのこと。この日の夜は今回ドバイへ来た目的地へ。高級ホテルの最上階へやってきたローランド、日本に初上陸するスパークリングワインのアンバサダーに就任したのだ。今回はアンバサダーの仕事として総額100万円にも及ぶ航空券代・ホテル代やらを提示されてドバイにやってきたのだ。世界各国でこのスパークリングワインのアンバサダーを務めているのは早々たるスターのメンバーであることを受け、「彼らもすごいスターだけど、俺も日本のスターの一人として負けられない。」とローランド。ローランドがお酒に関わる仕事をしており、さらにそのキャラクターもユニークで魅力的だったために仕事をオファーしたというワイン会社。一方、この仕事を受けたローランドは「このスパークリングワインって全く日本で知名度ない。自分で開拓して自分で作り上げるのが好きなんですよ。すでにあって既に王道と言われているものに興味ない。王道って自分で作っていくもの。王道の定義は今まで俺が歩いてきた道、そして俺が今後歩くであろう道、それの総称が王道」とのこと。

日本に帰国したローランド。この日は珍しくプライベートの用事。入っていったのは超高級車ばかりを扱う販売店。4000万円のロールスロイスが愛車のはずだが「大きすぎてぶつけてしまって。あれ普段乗りしんどいんで、普段乗り用のを」とセカンドカーを購入し、この日はその納車日だったのだ。「この間、ちょっとよったらこれいいなと思って現金なかったのでカードで」と語るローランドだが、そのお値段は2300万円!!購入したのはアストンマーチンDB11。「東京住んでいると車いらないですよね、タクシーの方が安くないですか?」というスタッフに「ホストの出勤シーンってヒーローの登場シーンと同じなんで。徒歩で出勤とかそんなヒーローいないじゃないですか。出勤の時から夢を見させないと」とどこまでもストイックな答え。

場所は変わってプラチナ本店、ある日の営業後、店の全ホストが集められ重大な発表が行われた。新店舗で働くホストの発表だ。これまでもローランドに憧れてプラチナ本店での勤務を希望するものが多くいたが、新店舗ができるということもあって、今度は新店舗で一緒に働きたいという入店希望者が殺到しているのだ。更にプラチナ本店で働くホストの中でも新店舗での勤務を希望する者が出ているため社長と全ホストが個人面談を行ってきたのだ。ローランドと話し合いの末、移籍するメンバーを決定したのだ。発表された新店舗に移籍するホストが「総悟、アデル、ジョー、隼人、、、、」と次々と発表される。そしてその中にはクレイジーボーイことおしぼりくんも移籍が決定した。そしてロボット接客での尋美も新店舗に移り、トータル13名のホストが移籍するという。こうして一気に13人のホストが抜けることについて社長自身「(収入は)減りますよ、そりゃ。きれいごとじゃない、お金関わってくるので。でもローランドを育てた自信もあるしお店を日本一にした自身もあるので第2、第3の(ローランドを)作っていきますよ、そしてまたローランドみたいに新店舗出したいって人が出たらまた応援したい」とのこと。こんな素敵な社長がいるこそ、プラチナ本店には魅力的なホストが多く集まるのであろう。こうして新店舗で働く13人のホスト達に対し、「ローランドがいるので大丈夫、大船に乗ったつもりでいきましょう。」と皆に呼びかけるローランド。とは言っても新店舗が開店するまでは皆、プラチナ本店で勤務するのだが、そうした中で急成長を遂げている新人が!そう、前回の放送で初登場したため口をきくちょっと生意気キャラの流聖だ。入店たった1週間にもかかわらず新人離れした落ち着いた接客術で皆を驚かせ、軽快なトークを武器にまだ19歳でお酒が飲めないというハンデをものともせず10名から指名を受けるという快挙を成し遂げた。しかしちょいちょい飛び出す先輩へのため口トーク。自身も「売り上げが全てだと思ってるんで、入って一週間のやつに抜かれる先輩なんて敬ってない」と強気な姿勢。しかしその裏では来てくれたお客さんとの会話をまとめたノートを作っていたり、、営業前の打ち合わせではローランドの言葉を聞きのがすまいと最前列に座ってしっかりメモを取るという努力も怠っていないのだ。ローランドからの期待も当然アツイ。1月になって誕生日を迎えお酒も飲めるようになりますます勢いにのった琉聖は1月の売り上げランキングでは200万円で堂々の第9位に躍り出た。入店2ヶ月でのこの快挙にローランドも「あいつほんと規格外!規格外‼口だけのやついっぱい見てきてその中で2ヶ月目で1桁(9位以内)入ったやつプラチナにいたかな?」と驚く。しかしその一方、琉聖以外のホストは軒並み売り上げを下げており、かつてのランキング上位者もトップ10には入れずにいた。ようやくおしぼり巻きを卒業したおしぼりくんも一時は第9位までのぼってきてたものの、トップ20におちるという下落ぶり。こうした状況を見かねてローランドは皆に説教をする。「お前(おしぼりくんに対し)とかやる気ある?一番引っ張っていかなきゃいきえない先輩でそんなぬるかったら店まとまらないわ。負けに慣れてるから負け犬の顔してるもん。後輩にかっこいい背中見せるとかそういう姿もう少し見せてほしい」と珍しく厳しい口調になる。「そしてライトもだけどお前、(新店舗の)看板ホストになれない」とローランドが続ける。ライトは2年前ローランドに憧れ、群馬から上京、彼が席につけば女性はその甘いマスクに喜び、瞬く間にトップランカーに定着した。その功績が認められ、ローランドに車をもらったりと可愛がってもらっていた。去年9月に新店舗の開店準備のためローランドが売り上げ競争からはずれると売り上げNO.1に輝いたりもしていた売れっ子ホストだ。NO.1になるまでは地元に帰らないときめていたライトはうれしさのあまり地元に残る良き応援者の母親に電話をかけていたりもした。しかし、その笑顔は長く続かず、その1か月には第3位に落ち、その翌月には8位に、12月には10位にまで落ちてしまった。あまりのショックに営業中に失踪してしまった。こうしたストレスを抱えたライトは自分のイライラを接客中にも出すようになってしまい、お客さんを怒らせてしまうという失態まで犯してしまった。ホストとしてはご法度だ。しかし、反省する様子もなし。そして今年1月、ライトは遂にトップ10からはずれランク外へと落ちてしまった。するとこの様子を見ていた新人の琉聖が「先輩方の接客がぬるいのでしっかりやってもらいたい」と打ち合わせ中に言われてしまう有様だ。しかし、それに対し何も言い返すことができないライト。新店舗は無事オープンできるのか!?波乱続きの今のプラチナ本店ではあるが、開店までもう少し。今回はここで放送が終了してしまったが今後とも目が離せない!!!

 

過去の大反響をよんだローランド特集!過去の放送はこちら
1http://mensaiq130.com/400.html
2http://mensaiq130.com/773.html
3http://mensaiq130.com/912.html
4http://mensaiq130.com/958.html
5http://mensaiq130.com/981.html
6http://mensaiq130.com/993.html
第7回http://mensaiq130.com/1016.html
第8回http://mensaiq130.com/1028.html
第9回http://mensaiq130.com/1036.html
第10回http://mensaiq130.com/1097.html
第11回http://mensaiq130.com/1122.html
第12回http://mensaiq130.com/1134.html

 

 

Sponsored Link


関連記事

ソノサキ【カリスマホスト・ローランドに密着!ホストクラブ閉店後の驚きの私生活とは】

2018年6月5日放送のソノサキではホストクラブ閉店後から開店までの19時間を徹底追跡、知られざるホ

記事を読む

ソノサキ【今夜ついに最終回‼ローランドがスタジオにサプライズ登場で名言連発!】

2019年3月26日放送のソノサキは最終回のため今までの名シーンの振り返る、すると1年にわたって番組

記事を読む

ソノサキ【第7弾‼ホストの社員旅行に密着!ローランドがタイランドで仲間に恩返し】

2018年11月20日放送のソノサキでは新宿歌舞伎町PLATINA(プラチナ)NO.1ホストのROL

記事を読む

ソノサキ【第5弾!No.1ホスト・ローランドの札束飛び交う誕生日!まさかの独立宣言に涙!】

2018年9月18日放送のソノサキではNo.1ホスト・ローランドの札束飛び交うバースデーイベントに密

記事を読む

ソノサキ【第6弾!No.1ホスト・ローランドの華麗な休日‼W杯のスーパースターと親交⁉】

2018年10月23日放送のソノサキではNo.1ホスト・ローランドの第6弾と称しホストの華麗な休日を

記事を読む

ソノサキ【カリスマNo.1ホストローランド第三弾!歌舞伎町でホストを目指す若者たちに密着スペシャル】

2018年8月7日放送のソノサキでは不動のカリスマNo.1ホスト・ローランド第三弾として歌舞伎超でホ

記事を読む

ソノサキ【山田孝之・菅田将暉の気になる疑問SP・ケバブについての謎に迫る】

2018年7月24日放送のソノサキでは山田孝之・菅田将暉が登場、今、気になっていることとして【僕たち

記事を読む

ソノサキ【No.1ホストのローランドに憧れて上京した若者たちを大追跡!ローランド第4弾!】

2018年8月28日放送のソノサキでは新宿歌舞伎町のホストクラブプラチナ本店で絶対的な存在であるNo

記事を読む

ソノサキ【第9弾!カリスマホスト・ローランドが新人発掘のため大阪・京都・福岡へ!】

2019年1月15日放送のソノサキではカリスマホストローランドの第9弾を放送、独立を兼ねて新店舗を開

記事を読む

ソノサキ【衝撃‼!ホスト界の給料格差!あのNO.1ホストのローランド様の1千万円超えの給料使い道とは!】

2018年7月10日放送のソノサキでは超人気ホストクラブ給料日のソノサキを追跡、現金手渡しの現場、N

記事を読む

Sponsored Link


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Sponsored Link


ZIP【新たな楽しみ方!インスタ映えも抜群と話題のトーストアート】

2019年5月15日放送のZIPキテルネ!では食パンの新たな楽しみ方と

その他の人に会ってみた★【ローランド越えと話題!売り上げ2億円ホスト・神咲龍我‼!】

その他の人に会ってみた★【ローランド越えと話題!売り上げ2億円ホスト・

ZIP【ハックツ‼auのCMナレーションで話題の18歳マリナ・アイコルツ】

2019年4月24日放送のZIPではauの三太郎シリーズのCMのカタコ

スッキリ【話題沸騰‼豪華すぎる雑誌付録で売り上げ激増の雑誌・幼稚園!】

スッキリ【話題沸騰‼豪華すぎる雑誌付録で売り上げ激増の雑

アウト×デラックス【4人育児の深酒ママ‼土屋アンナの仰天生活とそれを上回る山里の親子関係】

2019年4月4日放送のアウト×デラックスには土屋アンナが登場、3度の

→もっと見る

PAGE TOP ↑